地域医療支援病院|一般社団法人 能代市山本郡医師会立

能代山本医師会病院 信頼の医療を地域のため

消化器内科

消化器内科

 当科では消化器疾患の中でも特に肝臓、胆道疾患に力を入れております。ウイルス性肝疾患に対する治療を始めとし、肝癌におけるラジオ波凝固療法、食道静脈瘤に対する内視鏡治療、胆道疾患における内視鏡的総胆管結石除去術や内視鏡的胆道ドレナージ術など最新の治療を用いながら幅広く行っております。
 H29年1月1日現在、当院にてfollow中の肝疾患患者数は総数440人、内訳としてHCV陽性患者189人、HBV陽性患者 91人、PBC/AIH 27人、NASH 76人、その他 57人となっております。
 C型肝炎に対する抗ウイルス療法に関しては、ヒトやC型肝炎ウイルスなどの遺伝子測定なども導入し、患者さん一人一人にあった治療法を選択し、積極的に行っております。
 また学会活動も積極的に行っております。肝臓は沈黙の臓器といわれております。もし検診等で肝機能障害を指摘されたら、放置せずまずは一度当科を受診してください。

※ 外来診療日は月曜日、火曜日、金曜日の週3回です。全て予約制となっております。

診療
午前 渡辺 大亮
(予約制)
渡辺 大亮
(予約制)
金田 英樹 高橋 貞二 渡辺 大亮
(予約制)
午後

診療実績

2016年実績     ※( )内は、2015年実績
腹部超音波検査 1460件 (1450件)
造影超音波検査 292件  (268件)
MRI検査(EOB・プリモビスト) 311件  (265件)
上部消化管内視鏡検査(GS) 1167件 (1071件)
内視鏡的胃粘膜切除術(EMR・ESD) 38件   (25件)
下部消化管内視鏡検査(TCS) 747件  (648件)
超音波内視鏡(FNA含む) 25件   (22件)
内視鏡下胆管・膵管検査及び治療(EML/EBS etc) 54件   (45件)

肝炎治療実績(2017.1.1現在)
ソフォスビル/レディパスビル併用療法  導入数 18例
パリタブレビル/リトナビル/オムビタスビル併用療法 導入数 9例
エルバスビル/グラゾプレビル併用療法 導入数 2例
B型肝炎核酸アナログ剤 導入数 34例

医師紹介(出身大学・資格)

消化器内科科長 渡辺 大亮〈わたなべ だいすけ〉
福島県立医科大学(平成11年)

日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本肝臓病学会専門医
日本内科学会認定医