地域医療支援病院|一般社団法人 能代市山本郡医師会立

能代山本医師会病院 信頼の医療を地域のため

土曜日に行う、がんに特化した人間ドック「土曜がんドック」のおすすめ

日本人の2人に1人が「がん」に罹患する時代です。40歳以上のがん年齢の人は症状がなくてもすでにがんを発症している可能性があり、これを早く見つけることががんを治すことにつながります。土曜がんドックは仕事を休みにくい働き世代の方々に受診しやすいよう血液検査等とCT、MRIを組み合わせた短時間で終了する、がんに特化した人間ドックです。異常があれば健康保険を用いたさらなる検査にご案内いたします。

CT装置

CT装置

MRI装置

MRI装置

Aコース〈基本コース〉

胸腹部単純CT+血液(腫瘍マーカー含む)・尿・便潜血検査

造影剤を使用しないCTと血液・尿・便潜血の検査です。造影剤によるアレルギー等の危険性がなく短時間で終了します。肺がんの検出には単純CTのみでも有用です。腹部や乳房などのがんは大きくないと検出できないこともあります。

Bコース〈充実コース〉

胸腹部造影CT+血液(腫瘍マーカー含む)・尿・便潜血検査

造影剤を用いてCTを撮影することにより乳がん、肝がん、膵がん、胆道がん、腎がん、膀胱がん、前立腺がん、子宮がん、卵巣がんなどが検出される可能性が高くなります。大きい胃がんや大腸がんも検出される可能性があります。

Cコース〈おすすめコース〉

胸腹部単純CT+胸腹部単純MRI+血液(腫瘍マーカー含む)・尿・便潜血検査

PETのようにがんの部分が強調されるMRIの拡散強調画像を全身に適応し、単純CTと組み合わせることにより、CTのみではひろえなかったがんを検出する可能性が高まります。MRIも造影剤を使用しないのでアレルギー等の危険性もありません。

Dコース〈プレミアムコース〉

胸腹部造影CT+胸腹部単純MRI+血液(腫瘍マーカー含む)・尿・便潜血検査

情報量の多い造影CTに悪性かどうか判断のできる胸腹部単純MRI(拡散強調画像)を組み合わせることで、よりがんを検出する可能性が高まります。

造影剤は喘息の方、腎機能が悪い方、造影剤アレルギーの既往がある方には使用できません。
血液検査で腎機能がよいことを確認してからの検査になります。

造影CT検査とは

CT検査で使用する造影剤は一般に「ヨード造影剤」と呼ばれるもので、静脈から注入し撮影を行います。造影剤を用いることにより、小さな病変や正常組織とは違う病変を明瞭に描出することができます。
造影剤が体に入ると熱く感じることがありますが、直ぐに消失するので心配することはありません。希に、吐き気、嘔吐、かゆみなどの副作用が生じることがあります。以前に造影剤により具合が悪くなったことがあったり、アレルギーや気管支喘息など方はお知らせください。

[肝細胞がん]

造影剤の使用により、肝細胞がん(矢印)が明瞭になります。

胸腹部単純MRI(拡散強調画像)とは

胸腹部単純MRI(拡散強調画像)で発見がしやすいがんは、PET-CT検査(陽電子放射断層撮影)とほぼ共通です。具体的には、膵がん・乳がん・前立腺がん・子宮がん・甲状腺がん・肺がんなどがあります。胸腹部単純MRI(拡散強調画像)では、がん細胞が急速に増殖することで、周囲の水分子が動きやすい正常組織と比べて、水分子が動きづらい状態となることを利用して病変部を検出します。

検査時間は40分程度で通常のMRI検査より少し長めです。造影剤を使用しないのでアレルギー等の危険性もありません。

刺青のある方、ペースメーカーなどを埋め込んでいる方や閉所恐怖症である方などは検査ができません。

各コース共通の血液・尿・便潜血検査の内容

■ 肝機能、尿酸、脂質、糖尿、貧血、腫瘍マーカーが含まれています。

T.B AST ALT ALP LDH γーGT ChE CK AMY TP Alb Cre BUN eGFR
UA T.CHO TG HDL LDL Na K Cl Ca HbA1C 血糖 血算+白血球分類
CEA CA-19-9 T-PSA(男性のみ) 尿一般検査 便潜血2回法

《腫瘍マーカーの説明》

■ CEA

胃がん、大腸がん、膵がん、乳がん、肺がん、胆道がんなどで上昇することがあります。

■ CA19-9

膵がん、胆道がん、大腸がんなどで上昇することがあります。

■ T-PSA

前立腺がんで特異的に上昇します。(男性のみ)

〈オプションの腫瘍マーカー〉

■ SCC

肺がん、子宮頸がん、食道がん、頭頸部がんなどで上昇することがあります。

■ AFP

肝細胞がん、胃がんなどで上昇することがあります。

■ CA125

卵巣がんなどで上昇することがあります。(女性のみ)

■ CA15-3

乳がんなどで上昇することがあります。

画像で異常がなくても腫瘍マーカーの上昇や尿潜血陽性、便潜血陽性の所見があれば健康保険を用いたさらなる検査(胃内視鏡、大腸内視鏡、超音波検査、造影CT、MRI、尿細胞診等)にご案内します。

お申し込みから検査結果までの流れ

① お申込み

ご希望の検査コースとご希望日(土曜日)をお電話にてご連絡ください。

予約の状況によりますが検査日は最短で翌週の土曜日になります。

② お申込み先

■地域医療連携室

電話:
0185-58-3376(直通)
(平日8:30~17:15)
Fax:
0185-58-3561

③ ご予約・書類等郵送

案内、問診票、便潜血容器を郵送します。検査当日にご持参ください。

④ 検査当日

問診、血液検査を行います。
問診、血液検査の結果によってはご希望のコースの検査を受けられない場合があります。

⑤結果説明

2週間後の土曜日午後2時より検査データをもとに医師が個別に検査結果を説明いたします。

⑥ 会計

検査結果説明終了後、受付会計窓口にて検査料金をお支払ください。

土曜がんドックの時間

午前10時~午後2時頃までとなります。

土曜がんドック料金

コース 内容 所要時間 料金(税込)

オプションの腫瘍マーカー料金

内容 料金(税込)

お申し込み

能代山本医師会病院 地域医療連携室

Tel: 0185 – 58 – 3376 (直通)/ 平日8:30〜17:15
Fax: 0185 – 58 – 3561

〒016-0151 能代市桧山字新田沢105-11

Tel: 0185 – 58 – 3311 (代表)
インターネットから予約する