地域医療支援病院|一般社団法人 能代市山本郡医師会立

能代山本医師会病院 信頼の医療を地域のため

栄養科

栄養科

 医師の指示により患者さんの年齢および病状に応じて、管理栄養士が適切な栄養量・内容の食事を考えております。
衛生管理、治療回復に役立つ食事、患者さんに満足していただける食事を理念とし、食事を提供しています。

適時適温
保温保冷配膳車を使用し、適温で患者さんに食事を提供しています。
食事時間
朝食  7:30頃
昼食 12:00頃
夕食 18:00頃

食事の種類
一般食   常食、軟食、流動食、えんげ食
特別食   糖尿病食、心臓病食、肝臓食、腎臓食、胃潰瘍食、胃術後食
個別対応食 化学療法での食欲不振、体調不良で食欲が低下している場合は、患者さんへの聞きとりをし、栄養量より食べられるものを「おこのみ食」として提供しています。
おこのみ食の例
栄養科お好み食1 栄養科お好み食2

セレクトメニュー
2種類の献立の中から、お好きなほうを選んでいただくシステムです。
週3回(月・水・金)、昼食と夕食の際に行っています。
セレクトメニューの例
A・昼食(お魚)とA・夕食(ミートローフ)
Aランチ・魚 A夕食ミートローフ

B・昼食(ピラフ)とB・夕食(酢豚)
Bランチ・ピラフ B夕食酢豚

行事食
各季節の行事にちなんだ献立を提供しています。
行事食の例
バレンタインデーと体育の日
バレンタイン・ハンバーグ 体育の日・きりたんぽ

栄養指導
食事療法が必要な患者さんには、医師の指示に基づき管理栄養士がわかりやすく説明します。
日時  平日 10:00~16:00
入院個人指導 胃切後の食事、糖尿病など入院中の食事と退院後の生活について説明します。
外来個人指導 患者さんの食事習慣や生活状況を聞きとり、食生活の改善や問題解決にむけて一緒に行っています。

チーム医療 NST(栄養サポート)
低栄養や摂取不良の患者さんに対して、チーム(医師、看護師、薬剤師、管理栄養士)で適切な栄養療法を行っています。

栄養科職員
厨房で働く職員は、栄養課長を含む栄養士4名、調理員14名の総勢18名。
このうち、栄養士1名、調理員4名は隣接の介護老人保健施設「友楽苑」の入所者給食をつくっています。医師会の併設施設である病院と友楽苑。厨房を共有して、病院200床の患者さん、友楽苑95床の入所者さんに、食事をおいしく楽しく感じていただけるよう努力しております。

電話 0185-58-3394(直通)